山形歴史たてもの研究会は、平成16年、山形県内の古いたてものを愛する市民によって活動を開始しました。それ以前の平成12年頃には同様に活動を行っておりましたが、古い建物や周辺景観の保全活動を推進するため、会の名称を現在の【山形歴史たてもの研究会】と改めました。 山形県内外の地域を電車や徒歩でめぐり、文化を物語る建物を発掘し、時には持ち主の方とお話をさせて戴き、写真や文章に記録しています。

平成13年には結城泰作氏が、山形旧市内に残る建物の正面画24点を描き、【やまがたレトロ館絵地図】を作成致しました。その後一部建物の解体ということもあり、改訂を重ねて現在に至っています。 氏は研究会員が撮影した写真や資料を基に、精密なペン画を描きました。研究会では、地域に密着した郷土館や、銀行、郵便局等で原画展を開催し、歴史的建造物の価値を市民へ発信しています。

また、県外からのレトロ館愛好者のまち案内・説明、シンポジウム企画・開催、及び県内外との交流を深める活動を行っています。 平成20年には、東北専門新聞連盟・東北専門記者会主催による【地域づくり社会活動顕彰表彰】を受賞致しました。 研究会の活動については、東北文化友の会発行の【まんだら】をご参照ください。また会員の小林和彦は、平成19年より山形コミニティ新聞紙上へ【レトロ山形再発見】を連載し、山形レトロ館の魅力を発信しております。

会長
中根伸一
事務局長/会計
監査
第1章  総 則
(名称)
第1条
この会は、山形歴史たてもの研究会という。
(事務局)
第2条
本会の事務局を事務局長宅に置く。
第2章  目的及び活動
(目的)
第3条
本会は、会員の歴史的建築、景観に対する理解と研鑽を深めることを目的とする。
(活動)
第4条
本会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。
  • 研究会、見学会、交流会の開催。
  • 歴史的建造物及び景観に関する情報の収集、交換、提供。
  • 会員用及び市民向けの資料及び記録の作成。
  • その他、本会の目的を達成するために必要な活動。
第3章  会員
(会員の種類)
第5条
本会の会員は、正会員、準会員で組織する。
  • 正会員は歴史的建造物等に対して興味を持つ者。
  • 準会員は遠隔地に居住する等で通常活動には参加できないが、本会の目的・活動に賛同する者。
(入会)
第6条
本会の会員になろうとする者は、口頭もしくは書面で申し入れ、総会または定例会の承認を得る。
(入会金及び会費)
第7条
入会金は無料とし、会費は年額2000円とする。
(退会)
第8条
会員は次の場合において退会する。
  • 本人の申し出による場合。
  • 会費の払い込みをしない時。
  • その他、総会において退会を認めた者。
第4章  役員
(組織及び定数)
第9条
本会に次の役員を置く。
  • 会 長  1名
  • 副会長  1名
  • 事務局長 1名
  • 会 計  1名
  • 監 事  1名
  • 役員は総会において会員の中から選出し、任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
第5章  総会及びその他の会合
(開催と議決)
第10条
総会は年1回開催するものとし、会長がこれを召集する。総会の成立は過半数をもって成立する。但し、同数の場合は議長が決定する。
(役員会及び例会)
第11条
第9条の役員からなる役員会は必要に応じ、会員全員からなる例会は隔月程度開催し、会の運営に必要な事項を協議する。
第6章  会計
(役員会及び例会)
第12条
会の運営は会員の会費により行う。
第13条
年度当初に会計監査を実施する。
(会則等の変更)
第14条
規約の変更、本規約で定める事項並びに会費については総会の議決を必要とする。
付  則
  • この規約に定めない事項については、役員会でこれを定める。
  • この規約は、平成16年10月1日から実施する。
山形歴史たてもの研究会
事務局 小林和彦
990-0047
山形県山形市旅篭町一丁目8−28
TEL/FAX 023-623-1372