平成23年8月23日(火) 
「山寺 祈りの芸術際」・山寺ホテル

JR仙山線の山寺駅に降り立つと、真正面に見える旧山寺ホテル。 廃業したホテルを利用して美術展が行われています。 入館料は500円で、木造の建物と美術品のどちらも鑑賞すること ができます。

室内外には、東北芸術工科大学生の作品が展示されています。 オブジェ、山形鋳物、織物、映像等、地元作家の作品も併せて 楽しむことができます。

客室を利用したアロハシャツの展示。 ユニークな柄や素材にこだわったアロハシャツがおもしろい。 一枚欲しくなりますね。

一階の和室では、障子を生かした映像を楽しむことができる。 正面玄関ロビーから少し階段を降りると、突然光の龍に出会う。 障子を駆けめぐる龍を眺めてみよう。

二階の大広間には、いろいろな作品が展示されている。 テキスタイルや織物、バッグなどが展示され、その場で 購入することもできる。

大広間の床の間に飾られたモダンな屏風。 二階の窓からは、山寺宝珠山がパノラマのように広がり、 さわやかな空間となっている。