9月10日(月)、10月23日(日)、11月3日(木)
山寺ホテルにて「結城泰作没後七周年レトロ館原画懐古展」
「琵琶の演奏会」「尺八と琴の演奏会」(其の二)

二階の大広間の様子。三部屋ぶち抜きで使われており、結婚式の披露宴なども盛んに行われた。床の間に飾られている絵画や、置物も当時のままである。

大広間の廊下に出ると、宝珠山立石寺がパノラマのように広がっている。この景色を見られるのは、おそらくここだけだろう。原画展開催中は無料で休憩し、景色を眺めることができる。

二階廊下の様子。当時のソファには、昔懐かしい白いカバーがかかっている。また、漆塗りのお膳なども積み重なったままで、宴会で賑わった様子が偲ばれる。

新館客室に飾られたレトロ館原画。建物を傷つけないよう釘等は用いず、平展示されている。床の間の意匠は、昭和11年竣工のため、モダンである。

新館客室の様子。床下に換気口が設けてある。四年前までホテルとして営業していため、窓はアルミサッシに代わっている。洋服ダンスも昭和のモダンデザインである。

現在のホテルの裏玄関。庭園に向かって入り口があり、宝珠山立石寺に面している。現在は駐車スペースだが、明治35年当時はこちらが正面玄関で、バスの発着所として賑わっていた様子を写真で見ることができる。

別室にてセピア色の写真を見る。古い写真は建設当時の様子を物語る貴重な資料。雨漏りのする屋根は、できる限り当時の形に葺き替えたいものだ。