3月11日(日)
伊藤博文公命名の料亭 四山楼を訪ねる(其の四)

大広間の障子に嵌められた硝子。次の間側はすべて障子貼りだが、庭に面している障子には一部この硝子が使われている。やさしく視線を遮る、レースのような昔懐かしい柄である。

新二階の和室で昼食を戴いた。新館は、昭和20年代に新築された。こちらでは、懐石料理の昼食を戴くこともできるが、予約が必要。まずは、焼き魚や刺身、お吸い物など。

鹿鳴館ホール

次に、天麩羅。

もみ海苔と、おみ漬けの付いた蕎麦。蕎麦は、山形名物です。

最後にデザート。春の味。苺味のシャーベットなど。たまには、こんな贅沢なお昼も良いかもしれません。

<前頁 1 2 3 4 5 次ページ>