平成24年10月13日(土)
山形市旅篭町に「お城の店 長門屋」「瑞照山慈光明院」を訪ねる

山形市中心街である七日町の山形銀行本店角を西へ下ると、道路北側は旅篭町となります。かつて、この通りには旅籠が建ち並んでいましたが、今はその面影を感じることはできません。その一角に、仏壇仏具・墓石を扱う「長門屋」があります。店舗は道路に面し、白いお城の外観をもっているので、ここを通る人は目にしている建物です。すぐ近くには、中心街を走る循環バスの停留所があります。また筋向かいには、仙台伊達藩の御殿医であった木村家の医院が保存されており、そこだけが昔の面影を留めています。

 

 一般的に「長門屋」さんは仏壇店として知られており、正面硝子張りの店内には、仏具が展示されています。しかし今回の訪問では仏具店としての店舗に加え、同一敷地内にある天台宗寺院「慈光明院」を拝見させて戴くことになりました。

山寺ホテル正面入口

何度も店舗の前を通りながら、なかなか詳細を見ることがなかった。この建物は、いつ頃できたものだろうか。木製の看板を見上げながら戦前と戦後、狭間の時代に想いを馳せてみる。

山寺三番

店舗は道路に面し、非常に間口が広い。総硝子張りなので、戦後の建物かと想像する。入り口の軒下に付けられた照明も斬新なデザインである。

本館2階

案内して下さったお二人。長門屋さんの本家は、十日町の老舗漆器店「長門屋」とのこと。こちらは分家で、奥さまは3代目である。娘婿の笹林氏は4代目で、代表取締役を務められている。明治44年に漆器・仏壇仏具製造卸の山口長蔵商店として創業した。

2階客室

店舗内は広々としており、様々な商品が展示されている。建物は木造と言うので、驚く。若い方にも親しんでもらえるような、ユニークな蝋燭や数珠、お香などが陳列され、見ているだけでも楽しい。

     1 2 3 4 次ページ >