平成25年1月20日(日)
明治天皇の行在所であった 料亭「亀松閣」を訪ねる 其の三

山寺ホテル正面入口

一階の部屋「偕楽園」は天井が高く、明治天皇行幸の折は侍従の部屋として使われた。行在所は二階建てで、19室あったとされる。その部屋から「昭和天皇お手植えの松」を見ることができる。

山寺三番

最後の部屋「五月の間」で昼食をいただく。この部屋は行在所ではなく、料亭として昭和に造られた部屋。道理で建具など意匠を凝らし、贅を尽くしている。

本館2階

「五月の間」に飾られた屏風。下半分は収穫を描いた四季折々の日本画であるが、上半分は南画風の力強い山や雲が描かれている。描かれた人々は生き生きと楽しげで、興味深い屏風である。

2階客室

庭に面して硝子戸が嵌められ、廊下には畳が敷かれている。その廊下と部屋を仕切る障子戸の木組み。モダンなデザインで、障子の下部は硝子になっている。

     <前項へ 1 2 3  次ページ >