平成25年3月17日(日)
上山市に旧長谷川製糸上山工場を訪ねる 其の三

山寺ホテル正面入口

3階建ての繭倉と、生糸倉は接続されている。荷造り場に入り、その入り口に立ってみる。厳しい管理が行われ、繭も生糸も現金に等しい高価な物であることが実感できる。

山寺三番

工場は木造だが、生糸倉は自然石でできている。おそらく本工場と同じ高畠石ではないだろうか。中に貯蔵されていたのは、一時は日本の経済を支えた生糸であり、「おかいこさま」なのだ。

本館2階

生糸倉と繭倉は、重い鉄の扉で閉ざされている。特注の大きな観音開きのドア。まるでここは巨大な金庫のようだ。生糸倉には地下も設けられている。

2階客室

鉄の扉に取り付けられた、鉄のラベル。メーカーの名称ではなかった。「SAISHINSHIKI TOKUBETSUSEI」とある。つまり「最新式特別製」という意味であることが分かった。

    前項へ 1 2 3  5 次ページ >