平成25年4月28日(日)
三本木沼不動尊祭礼と山形歴史たてもの研究会総会が 開催されました 其ノ二

山寺ホテル正面入口

国道に面した歩道には、「やまがたレトロ館」の標識が立って いる。中心市街地の歴史的建造物各所に立てられ、結城泰作氏のペン画と説明文を読むことができる。解説は、山形歴史たてもの研究会が作成したもの。

山寺三番

歴史ある和風の門をくぐると、旧長谷川家の母屋がある。かつては、限られた人しかくぐることのできなかった門。母屋の一階は現在「紅山水」という蕎麦屋になっている。月曜日定休。隣接する蔵店では、フレンチとイタリアンを楽しむことができる。

本館2階

紅山水の蔵座敷で、新年度総会を行った。この蔵は、紅花商人が客人をもてなすために用いた蔵。非常に格式が高く、調度品も厳選されている。こうした貴重な空間を開放して下さることは、大変に嬉しいものだ。

2階客室

昼食にいただいた「紅御膳」。基本は蕎麦処だが、その他に山のもの、海のもの、炊き込みご飯とデザートの草餅が付く。街中にあるため、まちあるきの際の昼食にも。

2階客室

母屋の裏庭は、ちょっとした憩いの空間になっている。駐車場は無料で十分に用意されており、こちらの東側にある。五棟の蔵の一つは、おみやげ処「あがらっしゃい」となっており、街なか情報館もある。駐車場には「おいしさ直売所」があり、産直の農産物を販売している。

    < 前項へ 1 2