平成25年5月18日(土)
上山市川口で満開の藤の花と史蹟を見る 其の二

山寺ホテル正面入口

上杉氏時代は米沢城の出城の中山城の城下町で、後に番所となった中山集落を歩く。昔に養蚕をやっていた家屋や古い土蔵を構えた家屋が並ぶ。

山寺三番

羽前中山駅の南方の線路をまたいだあたり一帯は慶長出羽合戦の際に上山領内で敗北して撤退する上杉軍と追撃する最上軍が戦った「広河原古戦場」。

本館2階

なだらかな山あいの道に沿った農地はその昔、伊達政宗(米沢城主)と最上義光(山形城主)の両軍が一色触発の状態で対峙していたあたりと考えられる。政宗の母で義光の妹の義姫が両軍の間に分け入って衝突を回避させたという物語の舞台にもなる。

2階客室

慶長出羽合戦の物見山周辺一帯での戦いで犠牲になった上杉・最上両軍の戦死者を慰霊する「首塚」。ここはちょうど最上氏支配領域(直接的には上山城が支配)と上杉氏支配領域の境界に当たる。ここから先からはすぐ前川ダム湖が見えてくる。

山寺ホテル正面入口

前川ダム湖。昔は「忠川池」という小さな湖水があった。この日は多くの太公望が釣り糸を垂らしていた。ここから歩いて20分ほどで「藤の花プロジェクト」の会場に戻る。