平成25年5月18日(土)
上山市川口で満開の藤の花と史蹟を見る

川口地区はご存じのように山形広域ゴミ焼却場の建設予定地になっていますが、今年も隣接地にある藤の花が満開になりました。この敷地は山形新幹線(奥羽本線)に沿っており、その土手に並行する形で225メートルの藤棚があります。毎年ここには多くの市民が訪れ、藤の花を楽しんで行きます。今年は私たち研究会も参加し、まばゆい五月の光の中で麦酒やだんご、おにぎり等を食べながら地域の歴史について語り合いました。

この会社に接する里山は、「のろし山」と呼ばれ、東の関ヶ原と呼ばれた慶長出羽合戦の折りに、山頂でのろしを上げたと言われている由緒ある山ですが、ここに焼却炉の煙突が聳えることになります。またこの近くは、上杉軍と最上軍が鬩ぎ合った古戦場でもあります。その後明治初期には、初代県令三島通庸が指示建造したアーチ型石橋群もあり、羽州街道は歴史の道ともいえる場所です。

何故そんな場所が巨大施設の建設地になるのか、地元の方々も含めディスカッションを行いました。午後は希望者が周辺の史跡めぐりをし、改めて史実を認識しました。歴史ガイドは、山形歴史たてもの研究会の小林が務めました。

歴史コース
堅磐橋(イザベラ・バードが渡った二連アーチの石橋)→
隠れ石(最上領と上杉領との境界で、両軍の戦闘があった場所)→
中山集落(米沢城支城城下町の名残。養蚕家屋・古い土蔵寺院等)→
河原古戦場跡(最上・上杉の両軍が戦闘)→
首塚(慶長出羽合戦戦死者を供養)→
前川ダム湖(旧忠川池)→クラフト芝生広場(藤棚)

山寺ホテル正面入口

クラフト社の芝生広場に咲く藤の花。右手の里山が「のろし山」。 正面の遠くの山並みは、蔵王山。焼却炉の排ガスは拡散せず、この里山に沿って上山市内に流れて行くと言われている。

山寺三番

芝生広場では、午前午後と地元の方や山形市内より人が訪れ、歴史・環境について話し合いが行われた。

本館2階

◆川口地区、中山地区史跡と古戦場めぐり
藤の花プロジェクト会場を出てすぐの所にある堅磐橋(かきわばし)。明治11年建造の直後に英国時人旅行家のイザベラ・バードが渡った。

2階客室

上山市内の川口地区と中山地区の境界にあたる「隠れ石」。「掛入石」ともいう。以前は村山地方と置賜地方の境界でもあった。慶長出羽合戦の際に上山城兵を主力とする最上軍が追撃した際にこの岩の窪みに隠れていた上杉軍の兵士たちがゲリラ戦を挑んだという。現在は国道13号と山形新幹線に挟まれている。

    1 2 次ページ >