平成25年6月16日(日)
米沢市の武家屋敷と旧米沢高等工業学校本館を訪ねる 其ノ五

山寺ホテル正面入口

階段の吹き抜け。こちらの階段は、金属製のモダンデザインになっています。白漆喰を基調にモスグリーンが配色されており、全体として學舎としての清潔感が感じられます。

山寺三番

会議室として使われた部屋でしょうか。重厚で簡潔な印象を受けます。他の部屋はすべて工業学校としての歩みを示す展示がなされており、興味深い。山形大学工学部は現在、繊維、プラスチック研究の中核的存在で、輩出された著名人も多数紹介されています。

本館2階

シャンデリアが吊された天井のレリーフ。年代は山形市緑町に現存する「旧山形師範学校」(現山形県教育資料館)に近いのですが、こちらの方がさらに瀟洒な印象を受けます。休日にも関わらずご案内下さった粟野氏に、心よりお礼を申し上げます。

2階客室

山形への帰途、高畠町に立ち寄りました。羽前エキストラの一大産地であった旧長谷川製糸工場跡地に残る喫茶店。かつてここは、駐在所でした。絹がもたらした日本の発展に想いを巡らせた一日が終了しました。


平成24年7月8日(日) まほろばの里 高畠町の旧長谷川製糸工場を訪ねる
http://www.retorokan.org/contents/history20120725_a_1.htm


   < 前項へ 1 2 3  5