平成25年 10月1日(火)
旧西村写真館の外壁塗装工事が終了しました

山形市十日町にひっそりと佇む旧西村写真館。所有者のお一人である西村富美さんが亡くなられ、その行く末が案じられていました。現在もう一人の所有者が住んでおられ、その方の了解を得て当研究会会員の一人が管理者となりました。建物は大正10年に竣工し、今年で満92才。そちこちの傷みが気になります。不定期に内部を公開しておりますが、この度外壁の塗装工事を行うことになりました。

山寺ホテル正面入口

一階の窓枠の形は、竣工当時のまま保たれている。数年前建物内側にアルミサッシを取り付けて隙間風を防ぎましたが、外壁の塗装は風雪にさらされ、バリバリに剥がれたままでした。

山寺三番

外壁は現在、濃いめのグレーで塗装されているが、その塗装を剥がすと薄いピンクや薄いグリーンの塗装痕が現れた。検討の結果、最も古いと思われる淡いモスグリーンに塗り替えることに決定。

本館2階

9月中旬より、厚く堆積したかつての塗料を剥ぎ落とし、下塗りを行う。あまり完璧に剥がしてしまうと綺麗になりすぎるので、ほどほどに下処理を行った。

2階客室

正面は、ほぼ真っ白に塗装されており、雨が当たらないせいかそれほど傷みは感じられない。今回は少し優しめの白を選んだ。

    1 2 3 次ページ >